ユニクロってどう?のTOPに戻る

ユニクロの成長


1984年に広島市の一号店から始まったユニクロは、新たな経営方式や高収益体制、新しい企画の打ち出しなどにより、目覚しい成長を遂げてきました。

ユニクロを経営しているファーストリテイリングは、2000年にインターネットによる通信販売を開始しました。購入者の利便性を考慮したこの販売方法は、開始以降着実に売上を伸ばし、今後もますます成長が見込まれています。

2001年にはユニクロの直営店舗数は500店舗を超えました。そして海外進出の第一歩として、まずイギリスのロンドン、2002年には中国の上海市に出店を果たし、海外進出も軌道にのった2006年にはアメリカ、ニューヨーク市に1000坪のグローバル旗艦店、ユニクロ ソーホー ニューヨーク店を出店しました。今やユニクロは日本のみならず、世界的ブランドとして成長を遂げたといえます。

2002年頃になると最高益を記録していた売上が大きく落ち、業績不振に落ち入りましたが、デザイン機能の強化、有名タレントの起用、国内外ブランドの買収など様々な対策により業績の持ち直しに成功しました。

2003年にはカシミヤ、浴衣への参入、2004年には水着への参入など、ユニクロの扱う商品はカジュアル衣料には留まらず他分野に渡っています。また紳士衣料からスタートしたユニクロは、今では若者からキッズ、ベビーまで幅広い年代の商品を扱っています。

ユニクロは現在もまだ成長を続けており、今後が期待されています。

関連コンテンツ

ユニクロの創業

■こんなに古かったユニクロの歴史! チョット、ユニクロの歴史を探ってみました(^o^;) ユニクロの歴史・・・

ユニクロと就職

ユニクロはグローバル企業として、日本を超え世界で躍進を続ける現在、就職を志望する若者が多くいます。 ・・・